読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れ歌謡曲が好きだった2 三波春夫が好きだった

僕が歌謡曲というものを意識して聞くようになったのは、昭和45年、西暦1970年ぐらいだった。その前後、ちまたには三波春夫さんの「世界の国からこんにちは」が溢れていた。官製でない歌が国家的イベントと連動した、これは珍しいケース。その後、ほとんど成功事例がないということは、三波春夫というキャラクターに負うところ大であったのではないか。

三波春夫は、この「世界の国からこんにちは」の前にも「東京五輪音頭」という歌を爆発的にヒットさせていた。

今から思うと、この2曲が三波春夫という歌手のイメージを定着させたということができよう。

少なくとも昭和20~30年あたりに生まれた世代にとってはそうである。

高度成長時代の始まりの扉を押した歌として、いまなお多くの日本人に思い出の歌として記憶されているのである。