読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れ歌謡曲が好きだった2 三波春夫が好きだった

僕が歌謡曲というものを意識して聞くようになったのは、昭和45年、西暦1970年ぐらいだった。その前後、ちまたには三波春夫さんの「世界の国からこんにちは」が溢れていた。官製でない歌が国家的イベントと連動した、これは珍しいケース。その後、ほと…

走れ歌謡曲が好きだった1

千昌夫の「星影のワルツ」を初めて聴いたのはいつごろのことだったか。白鳥園枝作詞、遠藤実作曲。1966年発売、すぐには売れなかったが、有線放送などで流れじわじわと浸透し、67年に入って急速に売れ出したという。 ゆっくりとしたテンポ、郷愁を誘うメロデ…