読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走れ歌謡曲が好きだった2 三波春夫が好きだった

僕が歌謡曲というものを意識して聞くようになったのは、昭和45年、西暦1970年ぐらいだった。その前後、ちまたには三波春夫さんの「世界の国からこんにちは」が溢れていた。官製でない歌が国家的イベントと連動した、これは珍しいケース。その後、ほとんど成功事例がないということは、三波春夫というキャラクターに負うところ大であったのではないか。

三波春夫は、この「世界の国からこんにちは」の前にも「東京五輪音頭」という歌を爆発的にヒットさせていた。

今から思うと、この2曲が三波春夫という歌手のイメージを定着させたということができよう。

少なくとも昭和20~30年あたりに生まれた世代にとってはそうである。

高度成長時代の始まりの扉を押した歌として、いまなお多くの日本人に思い出の歌として記憶されているのである。

走れ歌謡曲が好きだった1

千昌夫の「星影のワルツ」を初めて聴いたのはいつごろのことだったか。白鳥園枝作詞、遠藤実作曲。1966年発売、すぐには売れなかったが、有線放送などで流れじわじわと浸透し、67年に入って急速に売れ出したという。

ゆっくりとしたテンポ、郷愁を誘うメロディが日本人の感性に合ったといえる。

いまは演歌という括りに入るのだが、この曲、ワルツのリズムであることで、少々垢抜けて感じられた。垢抜けたものに日本人が興味を示しはじめていた時代性ともかかわりがあるかもしれないですね。

人類の月面着陸があり、そこで拾った石は、70年、大阪千里丘陵での万博会場に展示され話題になった。そんな時代相を思い出す。

千昌夫の素朴な東北弁とのミスマッチも面白くもあった。

 

思えば発売からちょうど今年で50年。当時子どもだった私も、そろそろ初老期。唄った千昌夫は1947年生まれ。4月生まれとのことで、もうすぐ69歳。彼の人生にもいろいろなことがあった。

思い出ばなしにお付き合いいただけたらありがたいです。